今あるもの

怪我と病気で失った物を考え 今あるものでこれから何が出来るのかを考える

認知症の検査に『物忘れ外来』へ行ってきました。そこで見たものは?

f:id:imaarumono:20150402175124j:plain

2017年4月26日 情報更新!

今日、物忘れ外来へ
付き添いとしていってきました。

 

結果から言うと

 

今の所認知症の疑いはない

 

ただ、物忘れが家族のかたも気になっているので
MRIと脳波の検査をして海馬が縮んでいるのか?

 

それとも、脳血管が細くなってしまっているのか
それを次回検査することになりました。

 

高血圧もあるため、今日はいろいろな血液検査をして帰宅

 

今回掛かった費用は初診で紹介状がなかったので
約1万円でした。

 

・紹介なし¥4,000円

・血液検査

・診察

・予約

 

大体、3回通ってもらって、症状によって
その後どうするかが決定するそうです。

 

全3回の検査で3万円くらいに収まりました。
※検査内容によって5万円から7万円になるようです。

 

20代・30代・40代で認知症が気になる
そんなあなた、誰にも知られることなく電話での検査
『あたまの健康チェック』の診断を受けてみてください。

10分の電話で97%と高い精度の検査
あたまの健康チェックカード ¥3,500円

 

購入はコチラ⇒ 【あたまの健康チェック】

 

※病院でも『あたまの健康チェック』にご案内
しているところもありますので、不安のあるかたは
お近くの病院へお問い合わせしてみてください。

 

 

目次

1.物忘れ外来をはじめてみた感想

2.どんなことを検査したの?

3.まとめ

 

 

1.物忘れ外来をはじめてみた感想

 

ものすごく混んでいました。
60代くらいの方が多いのかな?
と思ってましたが、50代.40代の方も
結構いらっしゃいましたね。

 

診察には、家族の意見も聞かれるため
大体の方は、娘さんか、息子さんのお嫁さん?
が多くみられました。

 

男の人は、私しかいませんでした・・・

 

やっぱり、男性は身内に認知症などの
症状が出るのを隠したがるのでしょうかね?
女性の方ばかりで、それを観察していたら

 

どこのうちの娘さん、お嫁さんも
相当疲れている感じでしたね。

 

ただ、明らかに認知症の方と
うちの父のように、疑いがある方の割合をみると
認知症の方1割 疑いの方9割くらいでした。

 

完全に認知症の方は、もしかしたら場所が
違う所だったのかもしれないですね。

 

今日行った、病院は
TVでも結構名前が出てくる病院で
病棟も相当あるため場所が分かれているので
だんかいで分けてたのかもしれません。

 

 

目次へもどる

 

 

 

2.どんなことを検査したの?

f:id:imaarumono:20161203173135j:plain

2人一緒に診察室

 

まずは本人に先生が質問

 

・自分では何か自覚症状はありませんか?

・何時ごろからそういった症状がありますか?など

 

その中に、一つ気になった質問がありました。
オシャレでもなんでも、刺青はありませんよね? と

刺青があると、検査できないのかな・・?
B型肝炎を疑ったのかな?

 

その後に、家族への質問
ここは、素直に答えましょう。
聞きたいことや、先生に質問がある時は
この時に聞くといいとおもいます

 

ただし、本人もいますので
傷つけないように、言葉は選びました。

 

役員をやめてからほっとして、
いきなりですねという感じに

 

その後からこのような症状が

  • 火の消し忘れ
  • 鍵を玄関につけっぱなし
  • 仕事へいくのに道具を忘れる

 

それが、頻繁になってきたので
心配になりこさせていただきましたと。

 

その問診が終わると
ふたたび本人へ診察開始

 

・今日は平成何年?

・何月何日?

・ここはどこ? など

 

その後は臨床テスト?

・どんな物がありましたか?(物をいろいろ見せられる)

・数字を逆さから答える

・野菜を10種類

・3桁の引き算 など

 

これは、家族は見守るのみ

 

私も、頭の中でやってましたがはっきりいって・・・

 

普段からPCやスマホ、カーナビなどIT機器を

頼りすぎているかたはもしかすると、

20代・30代でも出来ないかもしれないです 汗

 

若くても、今は機械依存してしまっているので
とっさに答えるとか、数字を記憶して逆さから
とか、若い人でも出来ないかもしれないですね。

 

しかも、先生が質問するのはこれはなんですか?

と見せてから

 

全然違うことをやった後ですから、
頭がこんがらがります。
きっとそれが狙いの検査なんだと思いますけどね。

 

臨床検査が終わると

・握力検査

・手の指がうまく動くか

・脚気

・歩行を見る

 

などをして、30項目の検査終了

 

父の正解率は29/30だったので
認知症の疑いは低いですね
という結果になりました。

 

その後は、血液検査をしてその日は終了です。

 

次回の予約の日に行った検査はこちらでした。

 

・脳のMRI

・脳波の診断

 

 

もし自分や親御さんが認知症なのか気になっていて
より早い段階で正確に見つけたい場合は、物忘れドックのある病院へ
認知症は早期に発見が出来れば、治療できるものもあります。

 

なんとか初期の状態で発見したい方は
VSRADという検査を行い、より早期の段階で判断できるそうです。

 

VSRAD検査を受けられる所はココ ⇒金内メディカル

 

 

ただし、VSRADは50歳以上の方が対象のようなのでお気をつけください。
それ以外の年齢のかたも脳ドックは受けられます。
50歳未満のかたでも受けられるMCIスクリーニング検査などもやっています。

 

VSRADとは 

認知症や脳の萎縮を早期で発見する検査で80%以上の正診率を誇る検査

 

 

また、50歳未満の方や病院へ行ってくれない方
誰にも知られないように検査したい
という方は10分の電話でのチェック診断を
受けてみてください。

 

10分の電話で97%と高い精度の検査
あたまの健康チェックカード ¥3,500円

 

購入はコチラ⇒ 【あたまの健康チェック】

 

 

 

目次へもどる

 

 

3.まとめ

えごま油を若い人が転売目的で買っているのかな?と、
ずっと思っていましたが

 

実際、病院へ行ってみたら若い人もかなり多かった。

 

臨床テストは、普段脳が混乱するような
仕事をしてない方はもしかすると、酷い結果になるかも

 

親に嫌がられても
なんとか、早期に連れて行ければ
予防できる可能性が高いそうです。

 

そして、混んでいるので、覚悟していってください。

 

 

目次へもどる

 

 

 

全国の物忘れ外来を探したい場合

下記の記事の目次5番

imaarumono.hatenablog.com

 

imaarumono.hatenablog.com

 

imaarumono.hatenablog.com

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村